丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/07/17 更新NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 更新「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 更新TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/04/29 平成29年度江戸ソバリエ認定講座のご案内を掲載
2017/04/21 香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 > 石臼の目立ての方法

石臼の目立ての方法

  1. 目立ての準備
    上臼を起こし上・下臼の溝のある面を掃除します
    上・下臼の全面にチョークを塗り、15分程度空挽き運転します
    (この時上下の臼が完全に密着していることを確認する)

  2. 目立て
    T の作業後上・下の臼を見ると、擦り合った箇所は変色または斜めから見ると光って見えます
    変色または光って見える箇所は高い箇所となるため、その部分をチョーナでたたきます
    当作業の都度掃除をし、T・U を繰り返し行い、臼の縁から30o位の幅で上・下臼がまんべんなく擦り合うように目立てを施します

  3. 主溝・副溝が浅くなった場合
    ダイヤモンドホイールで溝を深くする
    幅が広かったり、深すぎたりすると、粗い粉になる場合があります

  4. ふくみ部が浅くなった場合
    ふくみは通常中心付近で4〜5o位あります
    浅くなった場合、上臼をダイヤモンドホイールで削ります

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)