丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/10/28 更新ロト・ナンバーズ「超」的中法(2017/12)に掲載されました
2017/10/21 更新北海道音威子府産新そば新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/07 北海道秩父別産新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/02 2017年北海道産地視察を視察
2017/08/04 「duet(デュエット)9月号」に掲載されました
2017/08/01 栃木産都賀産夏新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/07/17 NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > うどん > うどんの雑学 > 釜揚げうどんと湯だめうどんの違い

釜揚げうどんと湯だめうどんの違い

釜揚げうどんとは、茹でたての熱いままのうどん、という意味です
その為、 茹で湯から引き上げたうどんをその茹で湯と一緒に釜揚げ桶などに移し入れて出すものと、解釈されがちですが、実際にはいったん茹であがったものを冷水で締め、さらにもう一度熱湯にくぐらせて湯と共に出されるが普通です
このように一度冷水でうどんを締めるのはうどんの表面が余分な湯を吸収して柔らかくなりすぎ食感が落ちるからです

冷水にさらすことによりうどんの表面に含まれる水分は茹で上げの瞬間に比べてぐんと減少し、太さも締まってやや細めになり、角も立ちます
また、茹でている間にも多少は煮崩れを起こすので、表面にヌメリが出来ます
冷水で洗う事によりヌメリも取れて食感が良くなります
釜揚げでなく、熱した汁をかけて出す場合でもこのような手順を踏んだ方が食感は良くなり、汁も濁りません

しかし、うどんの本場・讃岐では「釜揚げ」とはあくまで茹でられて釜から引き上げられた直後のものを指します

そして、いったん冷水で締めてから再度熱湯で温めたうどんは「湯だめうどん」と呼んではっきり区別しています

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)