丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/10/28 更新ロト・ナンバーズ「超」的中法(2017/12)に掲載されました
2017/10/21 更新北海道音威子府産新そば新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/07 北海道秩父別産新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/02 2017年北海道産地視察を視察
2017/08/04 「duet(デュエット)9月号」に掲載されました
2017/08/01 栃木産都賀産夏新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/07/17 NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > うどん > うどんの雑学 > うどんときしめんの違い

うどんときしめんの違い

きしめんとは、平打ちにしたうどんの事で麺の厚さが薄めで幅広なのが特徴です
関東ではこれを『ひもかわ』等と呼びます

製法上の特徴は小麦粉を練る時の塩水の濃度の高さと延しに使う麺棒の細さです
最近では、名古屋でも全般に濃度を低めにする傾向ですが昔からの伝統製法では普通のうどん作りの1.5倍以上の塩水を使っていました
またきしめん打ちに使う麺棒は直径1.2p〜1.4pで長さは90pが基準です
一般的なうどん打ちの麺棒が直径2p〜3p長さは94p〜110cmほどです
このように独特の細い麺棒を使うのは粉を練る時の塩水の濃度が高い為、生地が硬く仕上がるからです
硬い生地を早く薄く延ばしていく為には、強い力の加わりやすい細い麺棒の方が合理的ではるかに使いやすいです

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)