業務用丸抜きそば、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 更新茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/04/29 更新平成29年度江戸ソバリエ認定講座のご案内を掲載
2017/04/21 更新香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
2017/04/12 更新栃木県真岡市産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/03/28 取材を受けた 生活情報誌『ゆたか』春号が発刊されました
2017/02/24
そばと健康に関するページをインデックスしました
2017/02/09 生活情報誌『ゆたか』春号(3月10日発行予定)の取材が有りました
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > 東日本大震災災害支援活動

東日本大震災災害支援活動


東京都麺業連合協同組合主催の東日本大震災災害支援活動に参加致しました
2011年4月20日〜21日

 
2011年4月20日

関連会社の我々は、東京都麺業連合協同組合主催の東日本大震災災害支援活動のサポートのため、4時半に東京を出発し、宮城県亘理町へ向かいました(各車には、災害派遣の横断幕を車に貼り現地に向かいました)


 
宮城県亘理町の被災地へ

今回支援活動をした亘理町は、常磐道が防波堤の役目を果たし、それを境に町並みは一変し、川や海に近い荒浜周辺一帯は大津波の影響で震災後一月以上経つ今なお、家・船・車の瓦礫の山です
被災地は、現在も一般車両通行止めで、自衛隊や警察・消防等の懸命な撤去作業など行われておりますが、まだまだ相当の時間がかかりそうです

 
亘理町被災地地図
 
被災地の状況を現認し、11時30分頃支援活動本部となる亘理中学校へ到着
まず、テント5張りの設営から
今回は製麺機からそば釜まで、お蕎麦屋さんの道具を全て持参しての炊き出しです
製麺機二台、そば釜四台を搬入・設置し、電気、水、ブロパンガスを繋いでいよいよ調理開始です

今回の炊き出しでは、災害支援用の六割そば粉で自家製麺をしました

20日は、夕食として「肉そば」を約1,200食、亘理小学校・亘理中学校・亘理高校の3か所の避難所へ提供しました
支援活動箇所
 
自らも津波で浸水して被災した東松島のお蕎麦屋さんが、御夫婦で駆けつけてくれました
 
2011年4月21日

2日目は6時に宿泊先を出発し、前日と同様に自家製麺とつゆ取り、けんちんの調理に入りました

 
予備の油揚げを利用して「そばいなり」も提供しました
9時からの朝食として「けんちんそば」を亘理中学校・吉田小学校・逢隈小学校の3か所の避難所へ約900食提供しました
2日間のおそばの炊き出しを終えて、そば道具・テント等の搬出・積込みを行い、帰路につくため、車に分乗したところ、亘理中学校で避難生活を送っている皆様が体育館から出てこられて、「おいしいおそばを有難う」と感謝の言葉を頂き、昼過ぎに亘理町を離れました
 がんばろう東北! がんばろう日本!

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)