北東製粉株式会社 TOP

ホームトップめん好き広場産地視察・紀行文>北海道農業研究センターの施設見学

戻る進む

北海道農業研究センターの施設見学

投稿者:北東製粉株式会社

2010/07/09

離脱粒性・自殖性・耐倒伏性等の高品質そばの品種開発を研究目標としている 北海道農業研究センターの施設・圃場見学をしてきました

写真

資源作物種子貯蔵庫
4℃の定温で そばの種子を貯蔵保管している
4℃での保管だと 10年以上経っても発芽率は低下しないそうです

写真

写真

収穫材料乾燥調整室
収穫された試験栽培そばを 室温35℃湿度15%で保ったこの調整室で1週間程度乾燥調整した後 脱穀をします

そば系統の増殖・選抜のための 隔離採取圃場
そばは 昆虫により他個体と交配されて結実する他家受粉作物のため 複数の系統を近接させて栽培すると 容易に系統間の交雑がおこる
すなわち 品種の維持・増殖や原種の維持に 大変労力のかかる農作物です
品種隔離には1q以上が必要とされていますが この隔離圃場法の他に 当研究センターでは 隔離網室法や4倍体を利用した 隔離採取法が行われております

写真

隔離網室法
主に原々種採取や在来種維持に この隔離網室法を利用する
網室内には花粉媒介昆虫を入れ 受粉させている

写真

写真

4倍体を利用した隔離採取法
地理的隔離や隔離網に頼らない 4倍体隔離法の圃場
2倍体系統間に 4倍体そばを栽植すると 4倍体個体と4倍体個体との間で 交雑がおこらない性質を利用した採取方法
採取する2倍体そばの周囲を 4倍体そばで囲む
あるいは2倍体そばの間に 4倍体そばを栽植し 系統間交配を防ぎ品種の維持・増殖している

写真

表示内容がくずれる場合はお使いのブラウザの
JavaScript(ジャバスクリプト)をONにしていただく必要があります

WebブラウザでJavaを有効にする方法(Oracle Corporation java.com)リンク