北東製粉株式会社 TOP

ホームトップそば粉そばの品種>信濃1号(長野県奨励品種)

戻る進む

信濃1号(長野県奨励品種)

 

品種登録日:1944年

 

福島県の在来種から系統選抜され 特性調査と併行して1株1列法に準じた系統選抜法によって優良系統育成し 1944年(昭和19年)に『蕎麦信濃1号』と命名された品種です

 

形態的特性として 草型は直立・分枝伸長型で 花色は白・登熟中の果皮は白であるが 中には赤いものも混じることがあり 完熟粒の果皮は濃褐色になる

 

一部の高冷地を除く長野県下全域が栽培適応地帯ですが 広域適応性が高く県外でも栽培されています

しかし 生育期間の最低気温の日平均が13℃以下になると 生育・結実が極めて悪くなる為 そうような地域での栽培は適していません

また生育日数は70日程度として播種期を決めますが 初霜の影響を受けないために早播きすぎてしまうと 結実が悪くなってしまう様です