丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/08/04 更新「duet(デュエット)9月号」に掲載されました
2017/08/01 更新栃木産都賀産夏新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/07/17 更新NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/04/29 平成29年度江戸ソバリエ認定講座のご案内を掲載
2017/04/21 香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの打ち方

そばの打ち方

挽きたてのそば粉のご用命はこちらリンク      そばの茹で方はこちらへリンク

英語版(English)リンク

1.水回し 2.擦り合わせ
そば粉と割粉をよく混ぜ、水を3回に分けて加える
水を均一に散らす為に素早く指先で撹拌する
更に粉と水を均一に混ぜる為に粉どうしを両手の平で軽く擦り合わせ、 粉全体が大きさの整ったオカラ状にする
3.つやだし 4.練り
手の平で粉を練鉢に押し付けるようにしてピンポン球位の塊を作る 生地の表面につやが出るまで両手で生地を練鉢に擦りつけるように練る
5.菊もみ 6.へそ出し
練り上げた生地を内側に折り込むようにして、より滑らかな生地を作る 菊もみで出来た「へそ」を両手で絞込み空気を抜く
7.丸だし-a 8.丸だし-b
生地を打ち台に移し、手の平で丸く延ばす 麺棒で傷をつけるようにして、ひと回り大きな円を作る
9.四つだし-a 10.四つだし-b
丸く延ばした生地を手前から麺棒で巻き取り、押し転がして角を出す 四方向から巻き延しを行い、正方形を作る
11.あらのし 12.ほんのし
四つだしで出来た生地の厚さのムラを整える あらのしを終えた生地をより均一に薄く延ばす
13.包丁切り 14.製麺完成
こま板をあて、延ばした生地の厚さと同じ幅になるように包丁で切る 余分な打ち粉は払い落とし、容器に並べて製麺完了

戻るページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)