丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/07/17 更新NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 更新「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 更新TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/04/29 平成29年度江戸ソバリエ認定講座のご案内を掲載
2017/04/21 香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 >江戸流のそば打ちに麺棒を三本使う理由

江戸流のそば打ちに麺棒を三本使う理由

元禄時代(1688〜1704)以降、江戸では、麺棒を三本使って打つ「江戸流」の技術が創案されました
江戸の蕎麦打ち技術が他の地方に比べて格段に向上、発展したのはこの独特の技術によるところが大きいです

麺棒を三本使う理由を簡単に言えば、麺帯を出来るだけ長く大きく、かつ均等な幅、均一な厚さに平らに延ばす為です
これによりそばに切った時に無駄な部分が出ず、均一な長さのきれいなおそばができます
「江戸流」で使用されるの三本の麺棒は巻き棒(長さ120p)が二本と打ち棒(長さ90p)が一本で太さはそれぞれ直径3pが普通です
材質は檜が最も適しているとされていますが樫や朴の木も用いられています

麺棒は細い方が麺帯と生地の密度が高くなり表面が荒れません
つまり、肌が滑らかで、しっかりした粘着力のある麺帯に仕上げる事ができます
麺棒は細いばかりでなく同時に、ある程度の柔軟さと軽さとを備えた材質である事が要求されます

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)