丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/09/07 更新北海道秩父別産新そば新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/02 更新2017年北海道産地視察を視察
2017/08/04 更新「duet(デュエット)9月号」に掲載されました
2017/08/01 栃木産都賀産夏新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/07/17 NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 > 石臼について

石臼について

石臼の構造について

上石と下石には幾何学模様な目が刻まれています
下臼の上に上臼を裏返しにして重ね合わせると、上下の臼の目が重なり上臼を反時計周りに回せばそれぞれの目の交点が外周方向へ移動します
その為、上下臼の間にある粉砕物は外周方向へ送り出されます
臼の目は送り機構を構成しているのでもし時計方向に回しても粉砕物は臼の外側には出てきません
一見単純で原始的な形をしていますが基本的に石臼は精密機械の機能を備えています
だから石臼で挽けばなんでも美味しいというわけではありません
臼の調整が、精密機械並みに行われているかどうかが問題です

石臼の形態

石臼の石材・形態には地方色があります
石はそれぞれの地方で入手しやすく、臼にしやすく、臼に向く石が選ばれています
それはその地方でもっともありふれた石のことが多いです
上臼と下臼の目(模様)ですが、近畿、中部圏では八分画が多いのに対して、関東、東北では、六分画が主になっています
上臼の回転方向は反時計方向が圧倒的に多いです
しかし、佐渡地方だけは時計方向回しです

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)