北東製粉株式会社 TOP

ホームトップそば粉そばの雑学>切りべらとは

戻る進む

切りべらとは

 

「切って薄くした」という意味で手打ちそばでのした生地の厚みよりも包丁で切った幅の方が薄いことを言う

めん棒で生地を薄くのばすより包丁で細く切って薄く見せる方が仕事が楽な為で江戸時代のそば職人の一つの逃げてだったとも言われている

切りべらの反対つまりのした厚みより広い幅で切る場合は「のしべら」と言う

 

切りべら二十三本とは

江戸時代から御定法とされていた並そばの太さのことでのした生地の一寸(30.3mm)幅を二十三本に切ること

そば一本の切り幅は約1.3mmでのしの厚みはこれより少し厚く切り口はやや長方形になる