業務用丸抜きそば、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 更新茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/04/29 更新平成29年度江戸ソバリエ認定講座のご案内を掲載
2017/04/21 更新香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
2017/04/12 更新栃木県真岡市産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/03/28 取材を受けた 生活情報誌『ゆたか』春号が発刊されました
2017/02/24
そばと健康に関するページをインデックスしました
2017/02/09 生活情報誌『ゆたか』春号(3月10日発行予定)の取材が有りました
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 > そばの長さ

そばの長さ

麺類に関する諺で「うどん一尺、そば八寸」というのがある
一尺は約30cm、八寸は約24cm
手打の場合のうどん、そばそれぞれの長さの標準を示した言葉で、この程度の長さが最も食べやすいからともいわれる
単純に食べやすいという理由だけから、わざわざこの長さが標準になったと考えにくい
食べやすさもさることながら、それ以前の問題として作りやすさがあったと考えられる

実際、そばの場合は麺棒の長さが一つの根拠になっている
通常「江戸流」で使用される三本の麺棒のうち、二本の巻き棒の長さは四尺(約120p)だ
このまき棒の長さいっぱいの幅に延ばした生地を四つ折りにすると、畳まれた生地の縦方向(包丁が当たる方向)の長さは約八〜九寸になる
もちろん、もっと長い麺棒を使えば長いそばができるとも考えられるし、信州などではかなり長い麺棒で大きく延ばす打ち方もあるが、刃先のやたら長い包丁を使うのは大変である
江戸流のそば切り包丁の刃の長さは、約33pが標準で、このくらいの大きさの包丁が最も使いやすいといえよう
ちなみの、畳み方には二通りあって生地を向こう側に折っていく「外折り」にすると折り目が折り目が手前になり、包丁の刃先が当たらない為、倍の長さにしやすいと言われるが長く出来るかは、そば粉の状態や木鉢の技術、つなぎの有無や割合などにも影響されるから一概にはいえないだろう

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)