丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/10/28 更新ロト・ナンバーズ「超」的中法(2017/12)に掲載されました
2017/10/21 更新北海道音威子府産新そば新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/07 北海道秩父別産新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/02 2017年北海道産地視察を視察
2017/08/04 「duet(デュエット)9月号」に掲載されました
2017/08/01 栃木産都賀産夏新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/07/17 NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 > 二八そば

二八そばの由来

「二八そば」の解釈については、様々な議論がされてきているが、「二八、十六」の語呂でそば一杯を十六文とする代価説と、そば粉八割につなぎである小麦粉二割で打ったそばを表したものとする混合率説とに大別されるが、どちらが正しいかといった結論はいまだ出ていない

「二八そば」の言葉が最初に登場する文献として『衣食住記』があり、二八そば享保起源説を立てる根拠となっているが、残念ながら「二八」の意味までは触れていない
また、寛延四年脱稿の『蕎麦全書』にもその由来については書かれていない
代価説を退け混合率説を取っている文献は、慶応元年刊宮川政運著『俗事百工起源』と、同四年刊喜多村香城著『五月雨草子』で、二八とは十六文という意味だと世間では言われているが、実はそば粉八割につなぎの小麦粉二割で打ったそばのことだと述べている
しかし、「二八」はそばだけでなくうどんにも使われていて、「二八うどん」というものもあったから、単純に混合率説を当てはめても説明がつかない上、「一八そば」「二六そば」「三四そば」にいたっては、明らかに混合率とは考えにくい

そこで、そばの値段が二十文を超えた慶応年間を境にして、それ以前は代価説、以降は混合率説と解釈するのが妥当だろうということになる

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)