業務用丸抜きそば、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 更新茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/04/29 更新平成29年度江戸ソバリエ認定講座のご案内を掲載
2017/04/21 更新香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
2017/04/12 更新栃木県真岡市産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/03/28 取材を受けた 生活情報誌『ゆたか』春号が発刊されました
2017/02/24
そばと健康に関するページをインデックスしました
2017/02/09 生活情報誌『ゆたか』春号(3月10日発行予定)の取材が有りました
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 > そば米とは

そば米とは

そばは粒食と粉食に分かれますが歴史的には粒食(そば米)、粉食(そばがき)、 そして粉食の到達点であるそば切り、という順に発展してきたと考えられます

つまり「そば米」はソバ食の最も原始的形態でそばの実をそのまま食べるものです
伝統的な「そば米」は玄蕎麦を水から煮て作ります
玄蕎麦の殻の口が開く頃を見計らって塩を入れ、それから取り出してムシロ干しにします
十分に干した後で、そばの角を崩さないように丸抜きにします
塩加減と乾燥の具合に秘訣があると言われています

昔はこの「そば米」を米の他、アワ、キビ ヒエなどと混ぜて食べられる事も多かったようです

そばは日本ばかりでなく古くから世界各国で栽培されており「そば米」同様の食べ方であるそば粥(ロシア語でカーシャ)はロシアから東欧諸国を中心に日常的な料理の一つになっています
カーシャには塩味だけのものや、ミルクやバター、サワークリームなどを混ぜたもの、キャビアやニシンの酢漬けなど具に添えるものとさまざまなバリエーションが見られます

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)