業務用丸抜きそば、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/04/21 更新
香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
2017/04/12 更新
栃木県真岡市産(常陸秋そば)新そばを販売開始
2017/03/28
取材を受けた 生活情報誌『ゆたか』春号が発刊されました
2017/02/24
そばと健康に関するページをインデックスしました
2017/02/09
生活情報誌『ゆたか』春号(3月10日発行予定)の取材が有りました
2017/02/09
青森県十和田産(階上早生)新そば新そばを販売開始
2017/01/13
「めざましテレビ」(フジテレビ)ココ調 の取材が有りました
2016/12/15
「おとなの週末(極みの蕎麦)」に 教室がちょっとだけ掲載されました
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 > そば粉の製粉方法について

そば粉の製粉方法について

そばの製粉方法は、大まかに分けてロール製粉と石臼製粉があり、特徴は下記の通りです

石臼製粉

面で挽く、しっとりとした感じの粉質
石で作られる上臼と下臼のすり合わせによりそばを製粉する方法
石は、主に蟻巣石(安山岩の一種)を使用し、1分間に18回転程度の低速回転で石臼の面と面でゆっくりと挽き潰す為、熱が発生しにくく、そばの香りや水分が飛び難いといわれる
その為、石臼挽きは生産能力が極めて低く、ロール製粉と比べ高価格になりがちである

ロール製粉

点で挽く・サラッとした感じの粉質
金属製の2本の細かい溝を切ったロールを高速回転させ(毎分250〜300回転)、その間にそばの実を通し、挽砕する方法
ロール製粉では、点で挽く為、一度にそばの実が粉にならない
1番目のロールで粉にならなかった部分が、次のロールにかけられ、篩いで選別され、残った部分がさらに次のロールにかけられるといったように、何度も同じ原料を挽く為、石臼製粉に比べ、香りや水分が飛びやすいといわれる

光学顕微鏡で見たそば粉の粒子

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)