業務用丸抜きそば、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/04/21 更新
香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
2017/04/12 更新
栃木県真岡市産(常陸秋そば)新そばを販売開始
2017/03/28
取材を受けた 生活情報誌『ゆたか』春号が発刊されました
2017/02/24
そばと健康に関するページをインデックスしました
2017/02/09
生活情報誌『ゆたか』春号(3月10日発行予定)の取材が有りました
2017/02/09
青森県十和田産(階上早生)新そば新そばを販売開始
2017/01/13
「めざましテレビ」(フジテレビ)ココ調 の取材が有りました
2016/12/15
「おとなの週末(極みの蕎麦)」に 教室がちょっとだけ掲載されました
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 > 天ぷら

「天ぷら」について

そば屋の「天ぷら」の特徴

よく、そば屋の天ぷらは、天ぷら屋の天ぷらと違い、衣が厚いと言われている
その原因については、そば屋の汁のせい、という説明がある
そば屋には、つけ汁( 辛汁)とかけ汁(甘汁)とがあるがてんぷらそばに使う甘汁は天ぷら屋の天つゆに比べて醤油味が薄い
そうかといって、辛汁では反対に味が濃すぎてうまくない
つまり、どちらの汁も天ぷらに対して中途半端な味である
もちろん、温かい天ぷらそばにするのだから甘汁を使うわけだが、醤油味の薄い甘汁でも、衣によく染み込ませればちょうどよくなるだろう、ということで衣を厚くするようになった
これなら、味をつけるのに少々煮込んでもはがれる心配もない
別に小さな種を大きく見せる為というのではなかったという訳である
また、そば屋の天ぷらは、にぎやかに“花”を咲かせるのがきまり、とも言われるが、これは、衣が汁の中に溶け出して汁の味を渾然一体となる事で、天ぷらそばならではの風味が生まれるからである
しかし、最近は、衣は花をさかせるものの薄めにし、煮込まずにそばの上に並べて、その上から沸かした汁をかける天ぷらそばが一般的になってきている

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)