業務用丸抜きそば、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 更新茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/04/29 更新平成29年度江戸ソバリエ認定講座のご案内を掲載
2017/04/21 更新香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
2017/04/12 更新栃木県真岡市産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/03/28 取材を受けた 生活情報誌『ゆたか』春号が発刊されました
2017/02/24
そばと健康に関するページをインデックスしました
2017/02/09 生活情報誌『ゆたか』春号(3月10日発行予定)の取材が有りました
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 > 手打ちそばと機械打ちそば

手打ちそばと機械打ちそば

手打のそばは[鉢][延し][包丁]という順で、いずれも人間の力で徐々に行われる
延してる時に肉眼では目にとまらないが、ごく細かい布の裂目のようなものがそばにできて、茹でるとその裂目に釜のお湯がしみこみ、ソバの澱粉が簡単にデキストリンに変化する
このデキストリンは噛むと唾液によって一部は糖化するのでそばのほのかな甘みが味わえるし、また消化によい
適当な硬さだから、だいたい一分以内の短時間で茹るものだが、同じ太さのそばでは機械打ちだと、倍から三倍も時間がかかることがある
この間にそばの香りも風味も損なわれ、スパゲッティに近いものになることが多い
また機械を使うとそばの表面が圧力ローラーによって押され、つるつるに硬くなっているのでそばつゆが1本1本にしみない
しかし、機械打ちでもロールのしめかたを調整し、多加水にした生地に圧力が軽くかかるように工夫すれば手打ちに近いものができます

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)