丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/09/07 更新北海道秩父別産新そば新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/02 更新2017年北海道産地視察を視察
2017/08/04 更新「duet(デュエット)9月号」に掲載されました
2017/08/01 栃木産都賀産夏新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/07/17 NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 > そば店の通し言葉

そば店の通し言葉

お客様の注文を調理場へ伝える事を「通す」といい、注文品は「出物」または「通しもの」といいます
通し言葉は江戸っ子の機智が生んだ独特の用語が使われます

[ つく ]
1個の事
「天つき三杯のかけ」は天ぷらそば1杯、かけそば2杯の事です
『つき』の後の杯数が注文の総数です
後から言われる出物の和は注文の総数より1個引いて数えます

[ まじり ]
2個の事
「天まじり七枚もり」は天ぷらそば2杯にもり5枚で計7個になります
枚はもり・ざるの単位で、種ものは杯で数えます

[ さくら ]
そばの量を普通より少なめに盛って出す事をいいます

[ きん ]
『さくら』と反対の意味の通し言葉でそばの量を多く盛って出すことをいいます

[ おか ]
岡に上がっているという意味から、種物の種をそばやう どんの上にのせないで別の器に盛って出す
「岡で天ぷら」天ぷら独立した注文品と別盛りされます

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)