北東製粉株式会社 TOP

ホームトップそば粉そばの品種>福島県在来種(会津在来)

戻る進む

福島県在来種(会津在来)

 

品種登録日:福島県は奨励品種の認定制度無し

 

福島県では 奨励品種の認定制度がなく 多くは会津地域全域で従来から合栽培されている 在来種が盛んに栽培されている

 

地形的に他と隔離されたそば畑が多く点在していることから 長年にわたって他の品種と交雑せずに 自家採種による栽培がされている様です

 

全般に収量・品質とも安定が高く 粒の大きさは 「信濃1号リンク 並〜やや小さく 粒色は暗褐色〜茶褐色です

特性が固定している

他に品種よりも粒揃いがやや劣るため 外観品質の評価がやや下がります

粒揃いが悪いため製粉歩留まりが劣る傾向にあるが 食感・食味での総合評価は高い

 

会津在来種の品質は 県内外の消費者から高い評価を得ており 会津地域ではそばを核とした地域振興・産業振興を 積極的に行っています