丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/10/28 更新ロト・ナンバーズ「超」的中法(2017/12)に掲載されました
2017/10/21 更新北海道音威子府産新そば新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/07 北海道秩父別産新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/02 2017年北海道産地視察を視察
2017/08/04 「duet(デュエット)9月号」に掲載されました
2017/08/01 栃木産都賀産夏新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/07/17 NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > うどん > うどんの雑学 > 土三寒六常五杯とは

土三寒六常五杯とは

手打ちうどんを作る際の四季の温度変化に対する「塩加減」を表現した古くからの口伝で、「どさんかんろくじょうごはい」と読む
「土」は夏の土用、「寒」は寒中、「常」は春・秋のこと
つまり、土用の頃の暑中には塩一杯を水三杯に溶かした濃い塩水で小麦粉を練り、寒中は逆に六杯の水で溶かした薄めの塩水を使い、春と秋は塩一杯を水五杯で溶いた塩水で丁度良い、という教えである

小麦粉を水で捏ねて作る生地は、温度変化に対して非常に敏感である
暑いと生地はダレた状態になりやすく、反対に寒いと生地が硬くなりすぎてしまう
そこで、夏は食塩の量を多くして生地を締め、冬は食塩の量を減らして生地が硬くなりすぎないように調整するわけだが、塩分濃度をコントロールしているだけでなく、塩を溶く水の量を変えることで、小麦粉への加水量自体も調整していることになる

うどん作りは一見、簡単なように見えるが、温度や加水量、熟成時間といった変動要因が多く、しかも塩がそれらの要素に対して、微妙なコントロール機能を果たすなど、色々と複雑な要素が絡み合っている
したがって、手打ちという技術の背後にあって、常に関連しあいながら変動するこれらの要素を体系的に把握していなければ、一定の品質のうどんを作ることはできない
よく、そばは作る技術は難しいが理論は比較的簡単なのに対し、うどんは技術的にはそれほど難しくない反面、製麺理論が難しいと言われるゆえんである

うどんは室町時代から既に現在とほぼ同じ作り方がされていることが分かっているが、「土三寒六常五杯」とは、長いうどん作りの歴史の中で先人が経験上会得した、一つの指標だったと言えよう
なお、この「土三寒六」の比率をボーメ計で測定すると、「土三」では24ボーメ、「寒六」では15ボーメ、「常五杯」では17ボーメとなって、現在使用されている塩水に比べてかなり濃度が濃いことになる
昔と現在との小麦粉や塩の品質の違いや、技術・嗜好の違いなどが考えられるが、はっきりとした理由は分かっていない

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)