業務用丸抜きそば、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/04/21 更新
香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
2017/04/12 更新
栃木県真岡市産(常陸秋そば)新そばを販売開始
2017/03/28
取材を受けた 生活情報誌『ゆたか』春号が発刊されました
2017/02/24
そばと健康に関するページをインデックスしました
2017/02/09
生活情報誌『ゆたか』春号(3月10日発行予定)の取材が有りました
2017/02/09
青森県十和田産(階上早生)新そば新そばを販売開始
2017/01/13
「めざましテレビ」(フジテレビ)ココ調 の取材が有りました
2016/12/15
「おとなの週末(極みの蕎麦)」に 教室がちょっとだけ掲載されました
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > うどん > うどんの雑学 > うどんにはなぜ塩水(塩)を使うのか?

うどんにはなぜ塩水(塩)を使うのか?

塩水には、うどんを美味しくする5つの効果があります

  • 生地がダレすぎず、安定する
    小麦粉は真水で捏ねてもグルテンが形成されますが、塩水の方がより強力なグルテンを作りますこれを塩の収斂作用といい、うどんのコシのもと適切な熟成時間なら生地がダレないのも、塩のおかげです
  • 茹で時間が短縮される
    塩が含まれているうどんは、茹でると塩が溶け出します(浸透圧の影響)その隙間に湯がしみ込んで、中まで早く軟らかく茹で上がるのです一方、塩を加えないうどんはこの浸透圧の作用が無い為、茹で上がるまでに時間がかかります
  • 保存性が良くなる
    塩には蛋白質を分解する酵素の働きを抑えたり、生地が発酵し過ぎないようにする作用のほか、防腐作用もあり、冷蔵・冷凍保存が出来ます
  • 風味・食感の向上
    塩はうどんにより弾力を与えるだけでなく、ほどよい塩味もつけるので、ぶっかけうどんのように簡単な具を混ぜるだけでも美味しく食べることが出来ます麺を作るときに加えた塩が茹でた時に溶け出して、丁度良い塩味が残ります
  • 生地の乾燥防止
    これは特に乾麺を作るときに効果を発揮します塩には吸水性があり、生地が乾きにくくなる為、乾燥のコントロールがし易いといわれます

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)