北東製粉株式会社 TOP

ホームトップうどん粉うどんの雑学>小麦粉の製粉方法

戻る進む

小麦粉の製粉方法

 

製粉前の小麦には様々な異物が混入している為 まず取り除き表面をきれいに磨き上げます

次に 小麦粉に少量の水を含ませタンク内で寝かせます(24〜36時間)

この操作を調質(ちょうしつ)といい 小麦を粉砕するのに都合の良い硬さに調整する為です

 

調質された小麦は 配合機によって決められた比率で配合されます

配合する小麦の種類 比率は各製粉会社や製品によって違いますが 一般に麺用に適している中力粉の場合は オーストラリア産オーストラリア・スタンダート・ホワイト小麦(略称ASW) アメリカ産のウエスタン・ホワイト小麦 そして国内産小麦からブレンドされています

 

配合済の小麦は 何台ものロール機にかけて段階的に粉砕されていきます

こうして各々のロール機から出てきた粉は 篩機(シフター)によってふるい分けられます

 

網目の細かい篩いを通過した粉は 製品になる部分で上がり粉(あがりこ)と呼ばれています

一粒の小麦粒からは 普通30〜40種類もの上がり粉に分かれます

小麦粒中の成分は 中心部と周辺部とでかなりの違いがあり 更にロールでの粉砕のされ方等によっても上がり粉は それぞれ品質の特徴があります

これらの上がり粉をうまく組み合わせて 予定していた品質の製品にまとめていきます

 

ロール機

金属製の二本のロールをかみ合わせるようにして 高速回転(毎分250〜300回転ほど)させ そのわずかな隙間を通過させる事で粉にする製粉方法