業務用丸抜きそば、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 更新茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/04/29 更新平成29年度江戸ソバリエ認定講座のご案内を掲載
2017/04/21 更新香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
2017/04/12 更新栃木県真岡市産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/03/28 取材を受けた 生活情報誌『ゆたか』春号が発刊されました
2017/02/24
そばと健康に関するページをインデックスしました
2017/02/09 生活情報誌『ゆたか』春号(3月10日発行予定)の取材が有りました
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > うどんの雑学 >水沢・稲庭・武蔵野うどんとは?

水沢・稲庭・武蔵野うどんとは?

水沢うどんとは?

小麦の産地として知られる群馬の上州うどんの中でも榛名山麓・水沢観音の門前に伝わる水沢うどんは、やや太めでコシがあり透き通る感じ白い麺で洗練されたのど越しのよい味わいが身上です

その、製法上の特色は入念に繰り返される足踏みと24時間余りにもわたる寝かしの工程です
また、麺棒で延す前に七輪などの上にのせた簡単な蒸し器に生地をしばらく置くのも特徴です

こうして十二分な熟生後さらにいじめ抜かれ、さらに蒸された生地は麺棒に巻いたまま軽く握って引き延ばす『しごき延し』にも耐え、切れることはありません

榛名山麓という冷涼な気象条件から生まれた技法と言われています

稲庭うどんとは?

秋田県南部の手延べ製法の干しうどんです
ひやむぎより若干太いです

製造工程は食用植物油を使用せず打粉とデンプンを使う点や平べったい形状を生み出す乾燥前の潰す事が特徴です

麺は気泡により中空になっておりその為に食感はコシのある歯ごたえ、滑らかな舌ざわり、つるつるした食感です

武蔵野うどんとは?

埼玉県や東京多摩地区伝統のうどんです
地粉を使った黒っぽいうどんが一般的です

汁はつけ麺でかつおぶしを主とした汁に肉・シイタケなどの具として混ぜたものにネギや油揚げなどの薬味を混ぜてうどんを汁に絡ませて食べます

この地域の旧家では冠婚葬祭にはうどんを出す事が多いです

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)