丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/09/07 更新北海道秩父別産新そば新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/02 更新2017年北海道産地視察を視察
2017/08/04 更新「duet(デュエット)9月号」に掲載されました
2017/08/01 栃木産都賀産夏新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/07/17 NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > うどん > うどんの雑学 > うどんの長さ

うどんの長さ

麺類に関する諺で「うどん一尺、そば八寸」というのがある
一尺は約30cm、八寸は約24cm
手打の場合のうどん、そばそれぞれの長さの標準を示した言葉で、この程度の長さが最も食べやすいからともいわれる
単純に食べやすいという理由だけから、わざわざこの長さが標準になったと考えにくい
食べやすさもさることながら、それ以前の問題として作りやすさがあったと考えられる
うどんの場合、麺棒の長さよりも、延ばしにくさの問題も関係しているようだ
小麦粉のグルテン組織をしっかりと形成させ、その強い粘弾性が持ち味となるうどんの場合、そばのように薄く延ばすのは大変骨の折れる作業で名古屋のきしめんなどは例外といっていい
またうどんの生地はそばと違い、切る際に畳んだ折り目から切れてしまう心配もない
そのため、うどん一尺というのは最低でもこれくらいの長さになるまで伸ばしなさいという意味合いが強いのではないかという意見もある

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)