丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/07/17 更新NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 更新「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 更新TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/04/29 平成29年度江戸ソバリエ認定講座のご案内を掲載
2017/04/21 香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > うどん > うどんの雑学 > 種ものの名前の由来

種ものの名前の由来

南蛮うどんの南蛮の意味

「南蛮」とは、ネギの事をいう 場合によってはトウガラシやカボチャなどを指す場合がある
これらの野菜も異国から渡来したことに由来するが、トウガラシは南蛮人が辛いものを好んだことからそう呼ばれるようになった、とする説もある
ただし、カレー南蛮の場合は、一般にはネギを使うが、カレーうどんには代わりに玉ねぎを使うことが多いようです


なぜ、花巻きうどんというのか

 

「花巻き」というのは、もみ海苔をちらしたかけそばの雅称で、言葉の由来は、浅草海苔のことを、“礒の花”にたとえられたことからきている
この花巻きそばが考案・商品化されたのは、江戸・安永年間の頃とされる
上等の浅草海苔を散らしたものは、海苔の礒の香りが高く、しかもそばの淡い風味に融け合う
また、上等の焼き海苔は汁に渾然一体となって溶け込んで、何ともいえない味になる
そして、海苔自体も目が詰まって黒光りして、まさに“礒の花”の優美な趣がある
この香り、味、そして見た目の美しさの組み合わせの妙味が「花巻き」の魅力であり、明治以降もなおしばらく、粋な種ものの一つとしてもてはやされたという


なぜ、おかめうどんというのか

幕末頃、江戸下谷七幹町にあったそば店「太田庵」が創製したそばの種物
具(種)でお多福(おかめ)の顔を仕立てた
上の娘の髪にかたどって島田湯葉を置き、鼻は松茸の薄切り、かまぼこを二枚左右に寄せ合わせて頬に作り、口には椎茸を用いた
下ぶくれの顔の形となる
戦前のそば店では、黒髪を思わせる為、湯葉のしたに八つ切りの海苔を敷いたり、若い娘の頬を表すのに紅渦巻きの鳴門二切れを置いたりした
当初は松茸の季節だけ売ったが、後に年中供するようになった
関西風では、髪はシイタケでかたどり、そのすぐ下に小田原かまぼこを配して両眼に見立て、鼻は三つ葉、口は京湯葉でこしらえたものをいう

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)