業務用丸抜きそば、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/04/21 更新
香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
2017/04/12 更新
栃木県真岡市産(常陸秋そば)新そばを販売開始
2017/03/28
取材を受けた 生活情報誌『ゆたか』春号が発刊されました
2017/02/24
そばと健康に関するページをインデックスしました
2017/02/09
生活情報誌『ゆたか』春号(3月10日発行予定)の取材が有りました
2017/02/09
青森県十和田産(階上早生)新そば新そばを販売開始
2017/01/13
「めざましテレビ」(フジテレビ)ココ調 の取材が有りました
2016/12/15
「おとなの週末(極みの蕎麦)」に 教室がちょっとだけ掲載されました
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > うどん > うどんの雑学 > うどんの茹で時間と太さの関係

うどんの茹で時間と太さの関係

うどんが太ければ太いほど茹で時間は長くかかり、その時間は断面積に比例すると言われています
うどん(小麦粉)のでんぷんは“生”のままでは消化吸収できないが、水分と熱とを加えると粒子が膨潤してして糊化(α化)し食べられるようになります
これがうどんを茹でる目的です

うどんを茹でると麺の中心部に熱が伝わるのは非常に速いです
例えば、99度の湯の中で厚さ4mmのうどんを茹でた場合、一分後には中心部の温度は湯の温度とほぼ同じになっているほどです
ところが水分(湯)がうどんの内部に浸透するには、さらに時間が掛かります
でんぷん粒を網の目状に包み込んでうどんの骨格を形成しているグルテン組織の幕を、外側から徐々に糊化していく「αでんぷん」が、水分の浸透を邪魔する為です
これによって茹で時間の長短には、うどんの太さ(中心部までの距離)が、大きく影響する事が分かります
断面積は半径の二乗で求められるから、これに比例すると太さ(径)の二乗に比例する事を、意味します
太さが倍になれば断面積は四倍になるから湯で時間も四倍かかる事になります

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)